私、ちっさい人なんで。

137センチしかないおちび。身長のこともやけど、ハロプロ・ジャニーズが・音楽・スポーツ・グルメなどなど、好きなものが多すぎるのでそれを書いちゃうブログです!

ももち卒業カウントダウンその18の巻

 

 

「卒業ライブまであと10日」

 

あ、あ、あ〜

気持ちがついていけてないよ〜

 

さてさて、前回のももちテーマは【演技】でした。

dethein429.hateblo.jp

 

今回は【教育実習】について。

 

最初、【教育実習】をしたという話を聞いた時、胸騒ぎをしたのは憶えています。

 

某大学の教育学部に通い、

3回生の秋には実際に小学低学年のクラスを2週間受け持ったとのこと。

 

校長先生からも

ももちというのは禁句」までも言われたそうで。

 

当然、その約束も守り、

ももち】としてではなく、

嗣永桃子先生】として実習を行いました。

 

 

「2×1がー?」

「「「2!!」」」

 

私も、ももち学級に入りたい、、、←黙れ

 

 

低学年も今何が流行ってるのかというのは分かっているので、

給食時間の放送もももクロさんやAKBさんなどの音楽がかかっていたそうです。

複雑なももち(笑)

 

でもね、児童たちも最後には

ももち先生、ありがとうございました!」

なんということでしょう。

校長先生にあれだけ「ももちは隠すように」とか言われてたのに、

最後の最後で児童たちに【ももち先生】なんか呼ばれると嬉しすぎて泣いちゃいますよね。

 

 

私も、ももち学級に入りたい、、、←二回目

 

 

【教育実習】するということは、

【教員免許】の資格を取るということ、

そういうことだったんです。

 

 

あの時期っていえば、バラエティー出まくってて、テレビで見ない日はほぼないという状態でした。

たしか収録って溜め撮りするんですよね?

だから、いつの間にか【教育実習】を行っていたんです。

 

いやあ~、、、ちゃんと両立されていると思いましたね。

ちゃんと仕事して、ちゃんと学業もできて。

 

 

ますます尊敬しちゃいます。

 

 

教育実習で学んだことを活かして、

自分の夢に向かって頑張ってください。

 

 

さて、次回は【ハロ!ステ】ももちさんについて。

 

 

では、また。