読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私、ちっさい人なんで。

137センチしかないおちび。身長のこともやけど、ハロプロ・ジャニーズが・音楽・スポーツ・グルメなどなど、好きなものが多すぎるのでそれを書いちゃうブログです!

嵐ーシングル1st〜50thまでーその3の巻

 

 

「嵐、快進撃!」

 

さあさあ、大好評のシングル感想会!

(好評とか自分で言っちゃうやつ)
今回は、早くも第三弾!!

なので、21th~30thのシングル(A面)について感想を書きます。


(前回同様、発売日と年齢も記載します)

 

 

21th
【Step and Go】(2008年2月3日)
(A:25、M:24、N:24、O:27、S:26)
ローカル冠番組のエンディング。私は見たことがありません。

爽やかな曲ですよね。春に向けての歌なので、出会いと別れ、夢や希望が溢れてる、そんな綺麗な歌だと思います。


22thシングル
【One Love】(2008年6月25日)
(A:25、M:24、N:25、O:27、S:26)
潤様出演ドラマが最終章として映画化!

映画の内容にも沿ってて・・・ほんと!ラストに相応しい曲!

結婚式でも使用されることが多いので、私も、ぜひ、自分の結婚式で使いたいな(熱望)

 

23thシングル
【truth/風の向こうへ】(2008年8月20日)
(A:25、M:24、N:25、O:27、S:26)
truthは、大野氏連ドラ初出演初主演!で、主題歌。

シングルとしては初めてのシリアスな曲調で、年間売上ナンバーワンソング。

この曲を聴くと、ほんとドキドキします。ブラッキーな大野氏がかっこよすぎて。

風の向こうへは、日テレのオリンピックテーマソング。

選手達が目標に立ち向かっていくのが爽やかでいいなと思いました。


24thシングル
【Beautiful days】(2008年11月5日)
(A:25、M:24、N:24、O:27、S:26)
ニノ主演ドラマの主題歌。

「流星」という言葉がタイトルにもあるからか、キラキラした曲が印象的でした。MVの中で、涙を流すシーンは、こっちも泣けてきます。

あと、セットも可愛くて、嵐らしさが出て良かったです。

 

25thシングル
【Believe/曇りのち、快晴】(2009年3月4日)
(A:26、M:25、N:25、O:28、S:27)
Believeは翔さん主演映画の主題歌。

テクノっぽい音が入ってるのがちょっと新鮮で、かっこよかったです。

曇りのち、快晴は、大野氏主演ドラマの主題歌で、大野氏のソロ。初めてのシングル化です。歌のお兄さんっぽい明るく爽やかな曲で、子供たちも覚えれそう。


26thシングル
明日の記憶/Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~】(2009年5月27日)
(A:26、M:25、N:25、O:28、S:27)
明日の記憶は翔さん主演ドラマの主題歌。記憶喪失である主人公を思い描く曲なので、切なさが滲み出てます。切ないです。

Crazy Moon〜キミ・ハ・ムテキ〜は化粧品のCM曲。

好きな女性を追いかけても追いつかないって感じ。CMに合ってるし、自分もそう思われたいなって。


27thシングル
【Everything】(2009年7月1日)
(A:26、M:25、N:26、O:28、S:27)

携帯電話会社のイメージソング。

「もしも嵐が〇〇なら」というのがテーマだったと思います。

夕暮れ時に聴くと、爽やかなんだけど、切ないメロディーがオシャレですね。


28thシングル
マイガール】(2009年11月11日)
(A:26、M:26、N:26、O:28、S:27)

相葉ちゃん主演ドラマの主題歌。

ドラマのイメージ通り、失った恋人への歌が切ないんだけど、メロディーは優しくて暗くならないのが素敵でした。


29thシングル
【Troublemaker】(2010年3月3日)
(A:27、M:26、N:26、O:29、S:28)

翔さん主演ドラマの主題歌。

テンポアップな曲で、「アーユーレディー?」のサビ前から一気にテンションMAX!コンサートでもめちゃくちゃ盛り上がるから楽しいし、MVの演出も好きです。


30thシングル
【Monster】(2010年5月19日)
(A:27、M:26、N:26、O:29、S:28)
大野氏主演ドラマの主題歌。

イントロからかっこよくて、途中から大野氏の歌声が聴こえてくる・・・もうかっこいい。

どこの部分も歌詞が好きで、ずっとドキドキしています。

 

 


いやあ、嵐の快進撃が始まりました!

ここからまたさらに嵐の歴史が深くなっていきます。

次回は30〜40枚のシングルについて記事にします。

 

 

では、また。